ヘルニア

ヘルニア

店では良くならないヘルニアが、なぜ当院で改善できるのか?

その理由をお確かめ下さい。

ヘルニアは自然に治ることは決してありません。

きちんと専門家の治療を受けて時間をかけて改善していく必要があります。
ヘルニアは一生付き合っていくものでもあります。

このような悩みはありませんか?

・病院や整骨院、マッサージなど色々受けてきたけど腰痛が治る気配がない
・病院でヘルニアを手術するしかないと言われたが、体にメスを入れたくない
・痛みのせいで仕事にも影響がでていて役立たずと思われたくない
・寝ていても、座っていても、立っていても腰やお尻、足が疼くような痛みをどうにかしたい
・痛くてバレーボールができず仲間に申し訳ないと悔しい思いをしている
・病院でブロック注射や鎮痛剤をもらい「様子を見ましょう」というばかり。自分の痛みをわかってくれない
・以前通っていた整骨院では適当なマッサージと機械だけでこれからどうしたらいいのかの説明もない
・根本的な改善で、日常で痛みを出なくなるようにしたい
・なぜヘルニアになったのかという本当の理由をしり、根本的な治療を受けたい

他で良くならない理由

腰の痛みと足のしびれを感じた皆さんがまず最初にすることは、整形外科を受診することでしょう。
そこでMRIの検査をしてヘルニアの診断を受けて、次に実際に治療に入るわけですが、なかなか改善されないケースをよく聞きます。
症状も原因も多様ですので、説明された通りに症状が改善しないことが多いようです。
ブロック注射で炎症を抑えて痛みをとる治療法です。
神経を圧迫していても炎症がなければ痛みは、起きないという実験結果に基づいた方針なのですが、注射のあと数日で痛みが戻り、何年もの間改善が見られないケースをよく聞きます。
つまりその実験データにあてはまらない場合も多々あるようです。
痛みがきつい場合や、排尿障害・排便障害を伴うような場合は手術によってヘルニアを切除して、症状を軽減することになります。
しかし人間の身体に不必要なパーツは何一つありません。
したがってヘルニアを切り取ったことによってデメリットも生じてきます。
同じ個所のヘルニアを複数回切除すると、椎間板の体積は減少します。
すると隣の椎体との距離は近くなる訳で、衝突を繰り返しているうちに、疲労骨折を起こすことになります。
事実その症例の方を見ています。
そのようなリスクを冒すことなくケア出来ればそれに越したことはありません。
骨折に至らなくても、手術をしたことでかえって症状が悪化したケースを多数みています。
切り取ったヘルニアは再生しません。
骨格の異常により変形した腰椎は手術でしか救済の方法はありません。

ではなぜ効果がなかったりすぐに再発するのでしょうか。
それは根本的な体の歪みが変化していないからです。
腰痛の原因は多くの場合、3つの軸で考えられる骨盤や背骨の骨格の歪みです。
原因を取り除かないで、症状だけを取り繕っても
表面上の症状は悪化を続けるだけです。
整形外科では腰痛の8割は原因不明といっています。
原因がわからないのに対処をしても、それはまさに的外れの治療になります。
初期症状の腰痛がいつまでも治らないので、ギックリ腰や椎間板ヘルニアに進行してゆきます。
いつまでも症状の改善が見られないので、ヘルニアは治らないという神話が出来上がることになります。

当院では体の三軸を整える当院オリジナルの整体により多くの方のケアをしています。
他に類を見ない方法で、すべて手で矯正をしますので安心安全確実に症状の改善が可能です。
慣れた方でもマッサージと思っている方もいるくらい優しいのですが確実に骨格を矯正しています。
早い方で初回から変化が現れた方もおいでになります。
そうです、1年でも6ヶ月でもありません。
3回という単位に注目してください。
(多くの方の実績です。結果を保証するものではありません)
週1~2回の来店で1~2週間で驚くべき変化が手に入るとしたら、経済的・肉体的に負担は少ないですよね。
しかも仕事に与える影響が少なくて済みます。
あなたはどちらを選択しますか。

症状についての説明

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、手術をしなくても良くなるのをあなたはご存知ですか?
椎間板ヘルニアは頚椎(けいつい)椎間板ヘルニアと腰椎(ようつい)椎間板ヘルニアの2種類があります。
このページでは腰椎椎間板ヘルニア(腰のヘルニア)を取り上げます。
あなたは、イスに座ると腰がジンジン痛いと感じてないでしょうか?
立つとき、歩くときに腰や脚に痛みやシビレといった症状がありませんか?
その症状は、腰椎椎間板ヘルニアかもしれません!
椎間板ヘルニアの症状によって、あなたのお仕事や生活に支障をきたしているのではないでしょうか?
また、仕事を休んで安静にしていても改善されない。
薬を飲んでも改善されないで不安に思ってはいませんか?
もう、良くならないのではないかと決め付けて将来を悲観しているのではないでしょうか?
悩んでも悲観しても始まりません。
まず、腰椎椎間板ヘルニアの仕組みを理解うえで、的確な治療を行えばよいのです。

腰椎椎間板ヘルニアの特徴や症状そして原因

腰椎椎間板ヘルニアには、特徴があります。
腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛に加えて腰から脚の痛みやシビレを伴う症状です。
腰椎や骨盤のゆがみなどによって、クッションとなる椎間板が変形します。
変形した椎間板は、硬くなり元に戻らなくなってその位置からはみ出してくるのです。
はみ出した椎間板が周辺の血管や神経を刺激するので、坐骨神経痛のような痛みやしびれの症状が現れます。
ヘルニアになりやすい場所は、主に腰椎3~5番です。
特に30~40代の年齢に多いのですが、最近は10代の若年層でもみられます。

どのような症状が表れるのでしょうか?

腰痛を伴った脚の痛みや痺れなどの症状があります。
初めは、お尻から膝の裏まで張るような・筋肉痛のような痛みから、焼けるような痛みやジンジン・ジワ―としたしびれが現れます。
その症状は、次第に膝から足首に掛けて、すねやふくらはぎの辺りにも広がって足首から指先まで坐骨神経痛の症状になります。
この頃になると、あまりの激痛のために眠れなって睡眠不足にもなるのです。さらに歩くのでさえ辛くなってきます。
また、血行が悪くなって足先が冷えることもよくあります。
こじらせてしまうと、麻痺して感覚が鈍くなって歩くことができなくなります。
腰椎椎間板ヘルニアは、突然なるものではありません。
腰痛やぎっくり腰がきっかけになることもあるのです。
それは、普段の生活に原因が潜んでいるのです。

◎仕事で
長い時間立つ仕事をされている、または車に乗ることが多い。
椅子に腰掛けている時間長く、しかも浅く腰掛けている姿勢とっている。
腰を曲げた姿勢で荷物を持つことが多いことも原因です。
椅子から立ち上がるときや書類などを拾うときなども原因と考えられます。

◎日常生活で
また、日常生活の中でも原因があります。
まっすぐ足を伸ばして座っていませんか?
横座りをしたり、足を組んで座ったりしているなどが原因としてあります。
顔を洗うときに前かがみになっていないでしょうか?
お掃除で腰を曲げている、洗濯物を干す際に腰を反らしすぎも考えられます。
ほかに咳やくしゃみが原因となることもあります。

◎スポーツで
スポーツや運動でよくあることですが、テニスやゴルフ・野球にサッカーなどで体をひねるのも原因の1つです。
バレーボールやバスケットボールなど、ジャンプして着地の際に腰に負担を掛けています。
あなたは、過去にスポーツをされていませんでしたか?
現在、スポーツや運動をされているあなた、腰が気になっていませんか?
これらの生活習慣からヘルニアになりやすい傾向があります。
すでに腰痛のある方やぎっくり腰を経験したことのある方は、要注意ですので早目に施術が必要です

原因

椎間板ヘルニア

一般的に椎間板ヘルニアは、腰椎と腰椎の間にある椎間板と呼ばれるものが「飛び出す」ことで、神経根を圧迫し、神経症状や痛みを出すと言われています。なぜそのような事が言われているかと言いますと、現在日本の医療は物証主義・証拠主義で成り立っている側面があります。これは、画像やデータなど、目に見えるものだけを証拠として、悪者探しをした結果「こういうことにしよう」という着地点を作った結果言われているものでもあります。

しかしながら、痛みを生じている時、しびれを出している時は、生きている人間が動いている中で異常を感じている訳で、正確にその病態を把握しようとするのであれば、流れている時間の中でその悪くなっている現象を直接見る必要があります。しかし、皮膚を切ってなかを見る事が出来たとしても、切った上での身体の中身であったり、動いている際の痛み発症しているときではなく、寝ている状態での中を見ている訳です。つまり、本当のところは切ったり寝てしまっていては、それぞれ変わってしまっている為に実際のところが分からないのです。

では、足にしびれが出たり、痛みが生じる原因を知る術がないのかというとそうではありません。小学生や中学生では、こういったヘルニアなどの腰痛や、中年以上に頻発するような病気をするようなことはあまり多くはありません。なぜそうなのでしょうか?それは、それぞれの世代の動作や活動状況をよく観察していると分かってきます。

・子供は良く動く、良く歩く、よく遊び身体を動かす事が多い
・大人はあまり動かない割に、よく食べ、よく座ることが比べて多くなります

大きくいうとこの違いが椎間板ヘルニアを始めとした原因の大部分を作ってしまっていると観察から見て取る事が出来ます。これをもう少し噛み砕いて説明しますと、良く歩いて重力に対してバランスしていると、皮膚を始め、関節内部や筋肉の各組織は柔軟性と保水性に富み、老化現象にみられるような身体の組成変化もなく、動きやすい状態が保たれます。こういった状態では、少しの外的な力の変化で悪くなるようなことはないのです。悪くなるにはこれらが足りなくなったという部分が大きく関係してくると言えます。