骨盤の歪み

骨盤のゆがみ

他店では良くならない骨盤の歪みが、なぜ当院で改善できるのか? その理由をお確かめ下さい。 骨盤の歪みは自然に治ることは決してありません。 きちんと専門家の治療を受けて時間をかけて改善していく必要があります。 骨盤の歪みは一生付き合っていくものでもあります。

このような悩みはありませんか?

・下半身が痩せにくく、太りやすい
・歩き方がガニ股で偉そうと言われた
・便秘やポッコリお腹で困っている
・経血量が急に多くなったり安定しなくなってきた
・産前のプロポーションに戻したい
・骨盤の歪みを整え、肩こり・腰痛を改善したい
・最近太りやすくなった
・体型・プロポーションが気になっている
・左右の肩の高さが違う

骨盤のゆがみが引き起こす症状

骨盤のゆがみによる身体の影響

骨盤周囲のゆがみにより、全身の筋肉や内臓の機能低下が起きます。
骨盤は身体の中心の位置で体幹を支える重要な役割をしているので、骨盤が不安定だと猫背などの不良姿勢になり、肩こり、頭痛、腰痛、足の疲れ、全身疲労、色々な症状の原因になります。
そして骨盤には、腰や足の筋肉が付着しており、下半身の運動に関わる神経が通っているので、骨盤機能の不調は、腰痛、足のむくみ、O脚、膝・股関節の不調、臀部・下半身のたるみの原因にもなります。
また、女性特有の症状として、新陳代謝の低下、冷え、便秘、生理不順、生理痛や妊娠、出産時の腰痛などの症状として現れます。骨盤は体のバランスを取る為の大きな箇所です。貴女の症状は骨盤の歪みを整えることで改善するかもしれません。自分ではなかなか判断できないものなのでぜひご相談ください

なぜ、骨盤がゆがむのか?

骨盤のゆがみ

正常な骨盤は、全体を見たときだいたい左右対称です。恥骨が左右水平にピッタリと結合しています。横から見るとやや前に傾いています(前傾)。正面から見ると逆三角形をしています。骨盤はまわりの筋肉によって支えられています。上半身と骨盤をつないでいる腹直筋と脊柱起立筋、下半身と骨盤をつないでいる臀部筋群(おしりの筋肉)と内転筋(ふとももの内側の筋肉)によって、骨盤が支えられています。

骨盤が歪むことで上半身に影響するのではありません。骨盤は上半身の歪みを受け止めて歪んでいるのです。健康であるならば問題ありません。正常な働きです。
カラダの中身(臓器)は左右対称ではありません。右利き、左利きがあるように筋肉にも左右差があります。生活活動をすれば姿勢も変わります。その中でカラダはバランス補正を無意識に行っています。
このバランス補正が正しく行われない原因が問題なのです。問題が起こればカラダは解決するために色々な働きを起こします。左右ある骨盤の寛骨の片側を固めて(ぎっくり腰)動きを制限してバランス補正を助けたり、正しく立てないので、ねこ背やお腹を突き出した姿勢をしてみたりと、本人の自覚では好ましくないことがカラダは正しいと行ってしまいます。

当院での改善法

骨盤のゆがみ

個人個人に合わせた施術方法
「骨盤の歪み」「骨盤のズレ」の歪みは、人それぞれ違います。皆同じ方法では改善されません。その人の「骨盤の歪み」「骨盤のズレ」の歪みに合わせて必要な施術方法を選択します。

「バキバキしない施術」と必要に応じて「ストレッチ」「筋トレ」で相乗効果をねらう

「生活の中の姿勢」「体の使い方」を改善し、さらに「3軸修正」、必要に応じて「ストレッチ」や 「筋トレ」行うことによって相乗効果をねらいます。(多くの場合「ストレッチ」「筋トレ」を行わなくても「骨盤の歪み」「骨盤のズレ」は改善されていきます)

「骨盤の歪み」「骨盤のズレ」を治すには、正しい姿勢の継続と矯正が絶対必要

「骨盤の歪み」「骨盤のズレ」を正そうとする場合、素直に正しい状態に変化していってくれればいいのですが実際はそのようなことはありません。「骨盤の歪み」 「骨盤のズレ」を矯正しようとすると必ず何処かに予期しない歪みが 生まれます。この歪みは放置してはいけません。当院の施術は「骨盤の歪み」「骨盤のズレ」の改善を早めるのはも ちろんのこと、新たな歪みができないようにする。これが特徴です!

ソフトな施術

ソフトな手技と的確な骨盤への施術は小さなお子様からお年寄りまで安心して受けることができます。全身のバランスを整え、神経を心地よく刺激します。無理な矯正や強い力を使ったストレッチなどはおこないませんので安心して施術を受けられます。

骨盤矯正のメリット

・疲れにくく育児が楽になる
・尿漏れが改善
・むくみ、冷えの改善
・肩こり、便秘の改善
・基礎代謝があがり、痩せやすい
・ボディラインの引き締め効果
・自律神経の乱れを整えることで、精神的に安定する
・婦人科系トラブルや更年期に与える影響がでにくい
・年齢を重ねた後の、腰痛、ひざ痛などの痛みがでにくい